So-net無料ブログ作成
検索選択

Kyoto 2013 その3 [Travel]

3日目のコース
桂離宮→建勲神社→大徳寺(龍源院、大仙院、高桐院)→今宮神社

最終日は今回のメイン、桂離宮へ。
朝食は、いつかは寄ろうと思っていたスマート珈琲でホットケーキセットを。
そして、予め決められた予約時間に合わせ(と言っても最低30分前に到着必須な)桂離宮へ。中々に広い敷地の脇を抜け、集合場所へ向かうと既に外国の方が数名。とりあえず京都へ来たっていう外人ならココには来ないと思うので、恐らくは建築やら庭園が好きな外国の方々かと。
敷地内は、ちょっとスマートで、それでいて何だか品の良いボケとツッコミを巧みに操る案内役のご老人と、おおよそ1時間程度の園内見学。色々と説明して下さるんですが、何故かこの日は園内を轟音轟かせるメカで掃除する方がおり、ほぼ何を言っているか聞こえずという…。
それにしても、ここの影響を受けているんじゃないかと言われるファンズワース邸を思い出す、古書院、中書院、新御殿は確かにモダン。ゆっくり眺められるほどの時間が与えられないのが残念ですが、障子と漆喰の壁の白、縦に走る木の柱の茶、シンプルで無駄の無い造形は、古めかしい中にも確かに感じられるモダンさがあり、美に対する日本人のセンスって素晴らしいなと思いました。それは、途中にある松琴亭の藍色市松模様の襖もしかりで。
その後は、織田信長が主祭神と祀られている建勲神社に寄りつつ、大徳寺へ。
ここでは、龍源院、大仙院、高桐院を拝観。大仙院は残念ながら院内の写真撮影が禁止。ここの庭園はL字型に配された枯山水の庭園が見所で、しかもそれが非常に素晴らしかったので本当に残念。そして、今回の旅で実は一番グッと来た場所でもある高桐院に。ここは門までの道からして雰囲気最高で、紅葉の季節には落ちた紅葉が道を敷き詰める絶景で有名ですが、今時期の緑に囲まれた道も神聖な雰囲気があり、また庭園、茶室含めた院内の景色も同様に素晴らしい、かなりお気に入りとなった場所でした。重森三玲が作庭した庭園のある瑞峯院に寄り忘れたのはうっかりしていましたが、時間的には結構厳しかったかも。
最後に、今旅最後の寄り場所となった今宮神社に寄って参拝し、何とか無事に今回の京都旅行を終了。

恐らくは来年も行く事になるかと思いますが、良い加減夏は飽きたのでそろそろ紅葉の京都へ行ってみたいもんです。って、早くもまた『京都行きたぃ、、、』ってなっているところを考えると、再訪は意外と近い気も。



スマート珈琲
0719-001.jpg

桂離宮
0719-002.JPG

0719-003.jpg

0719-004.JPG

0719-005.JPG

0719-006.JPG

0719-007.JPG

0719-008.JPG

建勲神社
0719-009.JPG

0719-010.JPG

大徳寺・龍源院
0719-011.JPG

0719-012.JPG

大徳寺・大仙院
0719-013.JPG

大徳寺・高桐院
0719-014.JPG

0719-015.JPG

0719-016.JPG

0719-017.JPG

今宮神社
0719-018.JPG

0719-019.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。