So-net無料ブログ作成

チャリンコ [etc]

ちょい前からチャリンコが欲しい。

初めは、安い折りたたみ自転車で良いと思ってたんですけど、
いざ探し始めるとそうもいかなくなってきまして・・・。

現時点での予算内候補はこの二つ。

18migunon09.jpg
GIOS / MIGNON

feather_white_ll.jpg
FUJI / FEATHER

基本街乗りで使用なんで、ミニベロで良いと思ってたんですが、
チャリ雑誌眺めてたら、かなりイメージに近いこのピストをたまたま見つけちゃいまして。

昨年までのフジのピストに比べると、デザインが格段に良くなってる。

まぁ、ピストと言っても、いざ乗るときは固定じゃなくてフリーなんですけど、、、。

ただ、保管場所が家の中になるんで、ピストだと大きさがちょっと問題。


ん〜、迷う・・・。


あ、どうでも良いすけど、最近HF氏のブログ、チャリネタ全然無いすね。
飽きたんか・・・。


映画ハゲタカ [Movie]



公式はコチラ

楽しみですねぇ。
コレ、ドラマが凄く面白かった。

最近再放送がやってたので、改めて全話見直しましたが、前々飽きない。
凄く引き込まれます。

キャストも皆演技上手いし、特に鷲津役の大森南朋と芝野役の柴田恭兵は最高でしたね。
柴田恭兵なんか、あぶデカのユージよりもこっちの方が適役なんじゃないかと思える位、一人の男としての葛藤を凄く上手く演じきってます。
あとは、松田龍平の独特な雰囲気も◎

映画の方もレギュラーキャストは変わらず、新たに”赤いハゲタカ”として玉鉄が中国人ファンドマネージャーを演じるよう。
玉鉄も「天地人」の上杉景虎役で良い演技してたんで、かなり楽しみです。


泣ける歌 [Music]



何だか100%の確率で泣けます。

良い歌です。


STRAIGHT YEARS / TBH [Music]

news_thumb_THABLUEHERB_STRAIGHTYEARS.jpg
アルバム「LIFE STORY」以来、2年振りのCDリリース。

しかも¥500!

まぁ実質1曲なんで、¥1,000とかじゃ「高っ!」ってなってるんでしょうケド。

感想は・・・まだ聴き慣れない感じ。

いつもの重々しさはなく、トラック含めて何だか軽い感じ。
まぁ、聴き続けてれば、「おっ!何か良くね?」ってコト多々あるんで、時間の問題かもしれませんが・・・。

それよりもコレの方がビックリしました。
まさかCMでブルーハーブが聴けるとは!
しかも、自らのCDの宣伝ではなく(当然か?)、ゲータレードのCM。
出演者は、あのテニスの錦織圭。

BOSSが仕掛けた驚きとはこの事だったんか。
まったく予想出来なかった、、、って流石にコレ当てた人ほとんどいないっしょ。


使われている曲は「ONE STEP」っていう、このCMの為だけに書き下ろした曲。
こっちの方がブルーハーブらしくて好きですね。

どっちかていうと、こっちをCDで出して欲しかったかと。

とりあえず、次のアルバムに入れてくれ・・・BOSS。



UT × Japan Game [Fashion]

今月末発売だそう。
img_T_makaimura_01.jpg
魔界村、懐かしい。
しかも、主人公アーサーではなく、レッドアリーマーがメインってところがイイ!

他のゲームモデルのTシャツはイマイチなデザインが多いですが、
コイツは、METALLICA風ロゴでバンドTっぽい雰囲気が◎。
ファミコン世代にはたまりません。

土日価格になれば990円だし、買いですかね。
着るか分かんないですケド・・・。
まぁ、最悪1年寝かして来年用ってことで(笑)

you are art [Art]

コレ面白い。

ジュリアン・オピーや、アンディ・ウォーホールのようなタッチでポートレートが作れるようです。

Portrait-homepage-a13.jpg
オピー風は↑こんな感じ。
素人目にはほぼ一緒な出来かと。
ただ、中には若干線の細さが気になるものもありましたが、
オピー好きとしてはかなり心揺さぶられるグッドプロダクト!
本人には100%描いてもらえない訳ですし・・・。

ただ、自分の家に自分の絵・・・ちょっと照れっぽいかもデス(笑)

幕張のジョン・トラボルタ [Baseball]

8_2.jpg
ゲイリー・バーナムJr。


台湾のチームからやって来た、年俸1300万の超格安助っ人。


絵が上手い助っ人。


入団時に持ってきた自作のボビーの肖像画を成田空港のトイレに忘れてしまう助っ人。


コミカルな体型をした助っ人。(同時入団のランビンと比べるとスタイルの悪さは一目瞭然)


ちょっとジョン・トラボルタに似ている(と思う)助っ人。
050201.jpg


簡単なフライを一回転して捕る助っ人。


打率.378、出塁率に至っては.500と現時点で期待以上の活躍をしている助っ人。


1塁まで全力疾走する助っ人らしくない助っ人。


そもそも助っ人と形容して良いのかよく分からない助っ人。

結構虜になってます。
レッツゴー、バーナム、レッツゴー。



そしてランビン、おまえもがんばれ!



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。