So-net無料ブログ作成

シグルイ14巻 [Book]

100322-01.jpg
気付けば半年に一度の新刊発売月で早速購入。相変わらずの面白さ。本当ヤヴァイ。
今回の14巻では、御前試合前最後のエピソードが描かれ、いよいよ15巻以降で御前試合の模様が描かれていく模様。終焉に向けての盛り上げ方的にはかなり読み応えのある内容です。また半年待たなきゃなりませんが、15巻、期待大です!

サマーウォーズ [Movie]

347db26a.jpg
弟に勧められて早速レンタル。
若干のネタバレあり。

続きを読む


HUNTER Rubber Boots Original Short [Fashion]

IMG_1398.jpg
以前、visvimの中村さんがここのロング丈を履いているのを見て物欲を刺激されまして。でも、いざ探すとサイズが無かったり、雨の日しか出番のない靴にしてはちょっと高いなぁなんて思って手を出さずにいたんですが、ポイント10倍、1Kを切るお値段、マイサイズありのショップを発見。少々今更感ありですが、思わず ”ポチっとな” してしまいました。

カラーは狙っていたチョコレート、しかもモデルチェンジしたらしくロング丈同様サイドベルト仕様に変更。個人的にはこっちの方が野暮ったさが消えて良いかなと。
(ロングも良かったんですが、自分的にはちょっとやりすぎな感じがして・・・。)

履き心地も良いですし、憂鬱な雨の日がちょっとは楽しくなりそうです。
でも、通勤時間殆ど電車の中なんですけどね・・・(笑)



R.I.P Nujabes [Music]





R.I.P Nujabes

L.L.Bean パッチワーク・マドラス・トート [Fashion]

256221_32847_41.jpg

春に向けて良い感じのトート発見。
パッチワークの柄&配色もカワイイですし、何より価格が安い!
定番のトート含めて、2個買い検討中です。

visvim & JUNYA WATANABE MAN [Fashion]

munro.jpg
visvim / MUNRO RIDER'S JKT(FIREPROOF)
商品名こそライダースジャケットですが、実際にはレーシングジャケットのテイストが強い1着。
かなりタイトで最初試着したときはスルーしたんですが、後日インナー1枚減らして再試着しに行き、最初の時より違和感なかったんで結局購入へ。
差し色がイエローというのも今の気分に合っててツボでした。
HI-WATERとの相性もバッチリですし、これからの時期にピッタリな1着です。


junya-belt.jpg
JUNYA WATANABE MAN / BELT-1
こっちもこれからの時期にということで購入。色はネイビー×ブラウンです。
春から夏にかけてはシャツコーデが増えるので、ベルトちょい垂らしで遊び心をだしてみようかなと。トラッド過ぎないところも気に入ってます。

F.I.L. at the Stage [Fashion]

IMG_1370.JPG
仕事帰りに寄ってきました。
壁面ディスプレイなどで商品を展示してあり、いつものF.I.L.とはちょと違う感じ。

個人的には、SKAGWAY HIがとても良い感じでした。
イタリアンキャンバスが薄すぎず厚すぎず、適度なざらつき感がとても良い感じの風合い。
踵のベジレザー(多分)も、黒ボディとのコントラストが格好良かったです。
で、いざ買おうとしたら生産間に合っていないみたいで予約対応のみのとの事。
伊勢丹の冊子に掲載してしまった都合上の対応のようです・・・。
まぁ、デリバリーされれば普通に買えそうなんで予約はしませんでしたが。

なので、何にも買ってません・・・。(気になっていたLE MANS B.D SHIRTも何かイマイチだった・・・。)

今回の目玉商品、クリスト(1色のみ)、バージル、ヘキサゴンシリーズなどはまだ置いてありましたね(ディスプレイのみかもしれませんが)。
こちらも個人的な感想ですが、どれもあんまりピンと来ず、、、でした。

good thing [Fashion]

ピクチャ 1.png
ここのOXフォードシャツが気になってます。
今月号のBeginで見たときに良いなぁと。(ここでも紹介されてますね。)
製品に対する拘りも凄いし、何よりシルエットが今の気分に凄く合っている。
金額もすこぶる良心的。ただ、オンラインのみってのがちょっと残念ですが・・・(試着したいですし)。

もうちょい検討して、ポチった日にはまた報告を。

束芋:断面の世代 [Art]

2010022801.jpg
昨日行って来ました。場所は横浜美術館。
日曜日ということもあり、結構観に来ている人多かったです。

映像インスタレーションとドローイングで見せる『断面の世代』。
特に、小説『惡人』の挿絵原画は、一見何の関連性もないモノ同士が次から次へと繋がっていく、その発想と独創的な感性に凄く興味を惹かれました。

3月3日で終了ですが、明日、明後日お暇な方、オススメです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。