So-net無料ブログ作成
検索選択

第15回文化庁メディア芸術祭 [Art]

120226-01.jpg
昨日は、昨年に引き続き文化庁メディア芸術祭に行ってきました。

場所は六本木の国立新美術館

「文化庁メディア芸術祭」は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的とし、アート、エンターテインメントアニメーション、マンガの4部門で世界中から作品を募り、優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を顕彰するとともに、これらを広く紹介するために受賞作品展を毎年2月に国立新美術館で開催しています。
※公式HPから引用

入場料は無料。スペースもかなり広く、かなりの作品数が鑑賞、体験できます。
一番の期待はやはりアート関連。今年も色々と興味深い作品がありました。
特に映像関連の作品に面白い物が多かったように思います。

以下2点は今回の受賞作品中で特に印象に残っている作品。
You Tubeに作品が上がっていたのでそちらを。

HIMATSUBUSHI / 植木秀治(アート部門新人賞)

電車通勤している人なら分かるハズ。1度は思ったことのある事を映像化した作品。

rain town / 石田祐康(アニメーション部門新人賞)

色使い、質感、アングル、最高です。ちょっとジーンとくる短編アニメ


その他ごく一部をざっと。
120226-02.jpg

120226-03.jpg

120226-04.jpg

120226-05.jpg

120226-06.jpg

120226-07.jpg

120226-09.jpg

120226-08.jpg
私の好きな漫画家、しりあがり寿さんも受賞されていました。
"あの日からのマンガ"。私も昨年苦労の末(売り切れ続出で)に購入したのですが、
これがまた何とも心に突き刺さる作品でして。
震災時の"あの"心境、気持ち、不安がすごくリアルに描かれています。
(特に短編、海辺の村は傑作。地球防衛家のヒトビトはいわずもがな)

かなりの作品数なので、じっくり見るとかなりの時間が必要。
今回も何だかんだで2時間近くは鑑賞してました。
まだ開催中ですが、早くも来年が楽しみです。

120226-11.jpg

重森三玲庭園美術館 [Travel]

120225-01.jpg

日本代表vsアイスランド代表の試合観戦が今週の表のテーマなら、
裏のテーマはこちら、重森三玲庭園美術館でした。

案内付きの完全予約制で時間は約1時間程度。

市松模様で有名な東福寺の方丈庭園を始め、
モダンな作庭で有名な氏の旧邸の1部を美術館として一般公開しています。

120225-05.jpg

120225-04.jpg

120225-10.jpg

120225-09.jpg

120225-06.jpg

120225-03.jpg

120225-02.jpg

特に楽しみにしていたのは、茶席・好刻庵の襖の意匠。
市松柄の波涛模様のモダンさはまさに格別。
また、襖だけでなく、壁に設えられた違い棚、竹林を表現した障子腰板の桟など、
和の空間に絶妙なバランスで加えられたモダンデザインが本当に素晴らしかった。


そして、この後に訪れた知恩院。
120225-08.jpg
昨年の南禅寺に続く三門の有名な寺院。
しかも、こちらは現存する木造建築物としては最大規模とのこと。
三門萌え〜。

Áfram ísland ! [Football]

まさか日本でアイスランド代表の試合が見られる日が来るとは!
この機会を逃すと次の機会は無さそうなので、明日は仕事を早退して大阪へ。
この辺はサッカー業界で働いているので融通が利くのです。

20120223-03.jpg


ユニフォームもしっかり現行モデルを。(都合4着目のアイスランドユニ。)
20120223-01.jpg

ただ、悲しいかなメンツは殆どが国内&北欧リーグ所属の面々。
唯一知っていたのは、以前ハノーファーに所属していたトルヴァルドソンのみ。
グジョンセンは今シーズン絶望の怪我なので仕方ないけど、
シグトルソン(アヤックス)、シグルドソン(スウォンジー)、
グドムンドソン(AZ)、ステインソン(ボルトン)あたりは見たかった…。

とりあえずは今後伸びそうな若手をチェックしてこようかと。


visvim / SS LHAMO SHIRT [Fashion]

20120218-01.jpg

和洋折衷。ある意味ハイブリッドな SS LHAMO SHIRT。
前期立ち上げでは完全ノーマークだった為、気になったときには時既に遅しで…。
何とか今週のデリバリー分で今期モノを購入出来ました。

今期のテーマは、いま気になっているコトやモノなんかとリンクしている事もあり、
個性的なアイテムが多いですが、それなりに楽しんでみようかなと。
で、どうせ楽しむなら核となる"和"なアイテムはハズせないなと。

お約束感丸出しですが、こんな感じでの出番が増えそうです。

20120218-02.jpg


2012SS [Fashion]


やはり一番楽しみなのはvisvim。

120205-02.jpg

とりあえず立ち上げで購入したものはSLIM CHINOのみ。
今期はデニムアイテムが多いので、個人的に相性が良いと思うLt.Brownにしました。
最初はちょっと色味が明るすぎるかなと思ったけど、試着したら凄くイイ。
特にワンウォッシュ系のデニムとの相性は良さそう。

JULES HOODIEもフードの紐がイイ感じでしたが、
あいにく欲しかったF.Z.のマイサイズは完売でした。

「和」な感じのアイテム、取り分け野良着(!)が気になりますが、
今期はデニムJKT類が良さそうですね。


120205-03.jpg

そして、WMでソックスも購入。
今期の柄はあまりピンとくるものが無かったんですが、
とりあえず1足くらいは購入しておこうかなと。

今期のWMも、visvim同様デニム系のアイテムが多いみたいです。
結構アクの強いデザインが多めですが、何気にちょっと気になるものもあったり、
みたいな。


DITA / Rambler [Fashion]


120205-01.jpg

久々に眼鏡が欲しくなり色々と探してました。
泰八郎謹製 Exclusive-4、小竹長兵衛作 T-325あたりも良かったんですが、
実際に掛けて見て一番しっくり来たこちらをチョイス
フレームのカタチが特に好き。
フレームカラーがグレーなので顔馴染みも良く掛けやすいです。




Faliero Sarti [Fashion]


P1030773.jpg

少し前ですが、2012年の初買いは都合2本目のファリエロ・サルティ。
春先まで使える明るめのグレーが欲しくてこちらに。
モダール90%でしっとり感が心地良い。
やはり一度ここのを巻いてしまうと他のでは物足りない感じ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。