So-net無料ブログ作成

生まれた時からアルデンテ [Book]

1023-01.jpg

休日の合間に読み進めている、平野紗季子さん著の『生まれた時からアルデンテ』。

ジャンルで言うとフードエッセイてなものになるんでしょうか?
兎に角これが凄く面白くて。

単純に、美味しさがどうとか、見た目がどうとかだけじゃなく、そこから派生していく彼女の日常だったり、心情だったり、さらにはまったく斜め上の方向に飛んでいったりと、表現豊かでユニークに綴られた文章は、流石はフードブロガーなる肩書きの人の読み物。

テンポもよく、オチもちゃんとあるし、何より( )で括られる心の声的な一文&たまにツッコミが、( )使い好きな私のツボに嵌りまくり。
シベリアを書いた絵の横に、(Todd Selby風)とか書かれた日には、スタバでコーヒー吹き出しそうになりましたよ。
(Casa とか読む人にはお馴染みの、インテリア好きの写真家&イラストレーター)

写真のサイズ感や質感、文章の文字の大小や配置なども工夫されていて、そういう意味でも単調にならず読み進められるっていうのも楽しいと感じられるポイントかも。

気軽な気分で、『食』にまつわるエピソードを読みたいって方にはオススメな一冊です。

それでも町は廻っている@13巻 [Book]

1005.jpg

すっかり放置プレーが板についた当ブログですが、久々に更新を。

『それ町』13巻。発売日と休みが重なったので即日購入。

読了。今回も安心、安定の面白さ。ていうか本当面白いス、このマンガ。
何故か? とにかく自分の感性のフィーリングがあいまくる。
キャラの表情だったり、ちょっとした間のギャグだったり、歩鳥の着ているTシャツのロゴだったり。
そんな中に、ジョセフィーヌ(主人公"嵐山歩鳥"が飼っているタヌキそっくりの犬)のメイン回があった時の幸せ感たるや。

何が一番好きなマンガかと言えば、それは即答で『風の谷のナウシカ』なんだけど、無人島に持っていくっていうケース(そんなの絶対に無いケド…)なら、絶対に『それ町』。

こんなにフィーリングがあいまくるんだから、他の石黒さんの作品も間違いなく面白いんだろうと、古本屋なんかに寄った時にチェックすると、これが案の定面白い。
『それ町』ですら一話完結型なのに、他の作品なんか殆どが短編、読み切り。ネタの豊富さというか、物語の発想力凄いなぁと思ったら、その昔『世にも奇妙な物語』の原作にも採用されたらしい。なるほど。

同じ漫画ネタと言えば、ポパイの最後の方で漫画家のしまおまほさんが連載しているコラム『しまおまほの都立ポパイ学園マンガ部』が好きなんですが、あれで誰か『それ町』を紹介してくれないだろうか。何とも言えないゆるい空気感とコミカルな表現で紹介される『それ町』の感想を読んでみたい。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。